トップ > ヒプノセラピーの流れ

ヒプノセラピーの流れ


ヒプノセラピーとは、
まず相手との信頼関係を作ることが大事です。
この信頼のことをラポールといいます。
ストレス
もともとラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味で、オーストリアの精神科医であるフランツ・アントン・メスメル氏がクライエントとの間に生じた関係を表現するために用いたことが由来しています。

ヒプノセラピーの流れとしては、最初にセラピーを行う方が被験者に対して信頼関係を形成することから始まります。

そしてそこで被験者に対して、
変性意識状態へ催眠誘導します。

そして、変性意識状態である被験者に対し、
その人が必要な暗示をかけ最後に解催眠を行い覚醒させます。

催眠をかける順番は、興味、信頼、誘導、暗示、解除です。
この流れをくむことで、催眠がかかる確率が上がり、
相手に効果的にヒプノセラピーをかけることができるのです。

トップガンヒプノセラピー1DAYセミナー開催決定!!

トップガンヒプノセラピー1DAYセミナー
自分自身でヒプノセラピーを実施することができるようになる、
日本で唯一のセミナー「トップガンヒプノセラピー」1DAYセミナーをご体験ください。

Menu


無料プレゼント

「ヒプノセラピー.comからの無料プレゼント」
潜在意識マスター道幸武久がヒプノセラピーの極意を動画で公開いたします。
姓 ※

(例)ヤマダ
メールアドレス ※

(例)yamada@example.co.jp

※メールセミナー終了後もメンタルトレーニングに役立つ情報・特典等を無料配信





インフォプレナーズ
ジャパン株式会社

千代田区二番町1-2
番町ハイム918号
一般財団法人真ん中Holdings内
電話 03-5357-1307
FAX 03-5357-1308